中堅消費者金融会社とヤミ金融を見分ける方法とは

20代の自営業です。自営業でも借りられる消費者金融を探していたのですが、どうやら、大手の消費者金融では借り入れ審査が厳しくなる、みたいな話を聞きました。消費者金融というと、テレビコマーシャルなどでもさんざん宣伝されている会社しか知らなかったので、そういうところはすべて自営業では難しいのかと思うとがっかりしてしまいました。

でも、調べていたところ、中堅の消費者金融会社なら、自営業でも借りやすいということを聞きました。ということで、とても期待しているのですが、中堅の消費者金融というと、コマーシャルもやっていないので、どんな会社なのかよくわからず不安です。さらに、ヤミ金融と中堅の消費者金融との違いもよくわかりません。中堅の消費者金融だと思って申し込みしたらヤミ金融だったなんてことになればシャレになりませんよね。どのように見分けたらいいのか・・・かんたんな方法はないのでしょうか。

中堅消費者金融とヤミ金を見分けるには「登録番号」と「口コミ」

中堅消費者金融とヤミ金融を見分ける方法は、実はシンプルです。それは、「登録番号」を見ることです。そもそも、消費者金融とヤミ金融の違いは、「登録しているかしていないか」なのです。登録というのは、都道府県や国に、「私は消費者金融業を営んでいますよ」とちゃんと伝えて、営業許可をもらい、その代わり、金融法のルールを守らなければならない、というものです。つまり、登録するとルールを守らなければならないのですね。このルールがあるからこそ、私たちは、安心して消費者金融を利用できるのです。

ルールのひとつは、「違法な金利をかしてはならない」ということです。現在、消費者金融が取っていい金利は20パーセント以下というふうに定められています。※参照サイト:。カードローン審査甘いよりですから、私たちはそこまでの負担もなく消費者金融を利用できるのです。このルールを守っています、ですから安心して借りられます、とアピールするのが、「登録番号」なのです。登録すると登録番号をもらえるのですね。ですから、これがあれば、中堅の消費者金融だと見分けがつきます。

しかし、悪質なヤミ金融は、この登録番号をねつ造したりします。ウソの登録番号を堂々と掲げてしまうのです。こうなるとお手上げですよね。でも、大丈夫です。今は、インターネットでかんたんに口コミを調べることができます。ヤミ金融かどうか、便利に使っている人がいるかどうか、しっかり下調べをすれば、中堅のちゃんとした消費者金融なのか、ヤミ金融なのか、見分けがつきやすくなりますよ。

中堅消費者金融の大手に対するサービスの挑戦

消費者金融の業界も最近は過当競争に陥っており、思ったような顧客獲得ができなくなっています。このような場面では、どうしても大手が有利になってきます。
豊富な広告宣伝予算で有名タレントを使うことで、顧客獲得上有利な地位にたつことができます。しかし、このようなことが許されない中堅の消費者金融には、別のサービスで勝負する必要があります。一番多い手段は、融資スピードの高速化です。消費者金融の審査は、申し込みの際の入力内容と個人信用情報機関のデータを組み合わせた情報を自社の審査マニュアルに当てはめることで行います。この段階で、融資可否や融資限度額は決定するため、あとは本人確認の連絡をすると共に、在籍確認をすれば、仮審査は終了です。

仮審査を終えれば、源泉徴収票などの書類の確認をするだけですから、時間はかかりません。従来は郵送で対処していたこれらの書類の確認も、最近では、スマホの写真やスキャナーの画像データをメール送信することで対処が可能です。そのため、希望すれば申し込みをした日に銀行振込により融資が可能になっています。

また、融資の際の利息を一定期間減免するサービスを提供しているケースもあります。このようなサービスは、一歩間違うと収益が侵食される危険性があるのですが、過当競争の場面では、どの業界でも値引き競争が起きるようにこの業界でもこのようなことが起きるのです。とはいえ、このようなサービスをしている業者では、利率を他の業者よりも高めであることが多く、その辺りはしっかりしていると言えます。

このように大手に対応するために色々なサービスを提供している中堅業者ですが、肝心の審査は甘くしていません。どれだけ新規顧客がほしくても、貸し倒れになってしまっては意味がないからです。そのため、自社の審査マニュアルに照らし合わせてスレスレの申込者については、コンピューター審査で終わることなく、人の目で審査をしています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 レイクの審査は意外と甘いかも?→気になる情報をチェックする All Rights Reserved.